住宅ローン控除という制度について

住宅ローン控除,還付金,税金

マイホームを建てる時にはほとんどの人が住宅ローンを利用すると思いますが、ローン控除の制度を理解しておく必要があります。

 

もしも、住居を新しく購入する時に住宅ローンを使うことになったのに、住宅ローン控除について知らないと、気づかぬうちに損をします。

 

住宅ローンを利用して新しく住宅を購入した時に、支払いの負担を軽くするための制度が、住宅ローン控除の目的だといいます。

 

住宅ローン控除のしくみ

その年の末の段階で住宅ローンの残高と、家の取得対価を比較し、少なくなった方の金額の1%を、所得税から10年間引いてくれるという仕組みです。

 

その時に計算した金額が、所得税より多かった場合、引き切れない金額は住民税からも差し引けます。
税金負担を軽減できるという点でとても優れています。

 

しかし、この対象となる年末ローン残高等には上限が設けられていて、入居した年の税制が適用とされる事となっています。
どのタイミングで家を買ったかによって、控除される最大の金額は異なってくるので、この点は確認しておくようにしましょう。

 

現時点では、住宅ローンの控除は400万円までとになっていましたが、平成26年までは、
住宅ローンの控除は200万円と定められています。

 

消費税率が変わった時に、住宅ローン控除の仕組みも見直されるようになりましたので、数字が全く変わるわけです。

自分で確定申告をする

もしも住宅ローン控除を利用したいなら、確定申告の手続きを自分でしなければいけませんので、内容を知っておくことが大事です。

 

自分で確定申告の手続きを行うのは大変だという人もいますが、
所得税だけでなく住民税も安くなるかもしれないというのは魅力的です。

 

住宅ローン控除は、最長で10年もの間、所得税や住民税を節税する事が出来るので、しっかり勉強して活用することをおすすめします。


住宅ローン控除の対象金額と還付金の計算方法

住宅ローン控除はどのくらいの減税効果があるのか、
これからマイホームを建てようと考えている人にとっては気になるところです。

 

住宅ローンはどのように控除されるかや、還付金額について、最初から詳しいという人は滅多にいません。

住宅ローン控除の対象とは
  • 家を増築、改築した場合
  • 新居を購入する時

などに、住宅ローンを組むと、条件を満たしている人が控除対象になりえます。

 

買った家に住み始めてから10年~15年、住宅ローン控除として定めた金額が、所得税から差し引かれるというシステムです。
住宅ローン控除を適用した結果、還付金が発生したという時は、税務署に還付金の申請をすれば、お金が戻ってきます。

 

一度は納めた金額の、差分を計算するものが差分金です。
そのため、気づかないでいると、税金は取られっぱなしになります。

対象金額と還付金の計算方法

住宅ローン控除の金額は、年末の時点における住宅ローンの残高に一定の割合を乗じて計算されるようになっています。
新しい家に住み始めた年と、住み始めから何年が経過したかによって、0.5から1.0%くらいが対象額になります。

 

年末のローン残高がとても高かったとしても、控除額は上限がありますので、
額が高額になりすぎるということはないようです。

 

決まった方法で住宅ローン控除の金額を計算した結果、上限額を超えていたという時は、上限額のほうが適用されます。

 

住宅ローン控除では、還付金処理が行われることがあります。
源泉徴収の金額が、控除額よりも高くなった時が該当します。

 

住宅ローンの控除金額と、その年の源泉徴収での税額の比較によっては、一定の税額が還付される場合がありますので、忘れないようにしましょう。

住宅ローンにおける税金の控除について

住宅ローンは、新しく家を購入する時に大抵の人が利用するものですが、
住宅ローン控除については、あまり知られていないようです。

 

住宅ローンを組んだ場合に、税金が控除される制度が有ることはあまり知られていないものです。

 

企業に勤めていると、年末調整は企業が行っているため、税の控除など確定申告が関係することは基本的にしません。
企業に勤めている人にとっては、いつも会社任せにしていた分を、確定申告によって修正しなければいけないのが面倒に感じます。

控除を受けるための条件

住宅ローン控除を利用するためには、決まった条件を満たさなければなりませんが、
そうすれば所得税からの控除額が得られます。

 

完済まで10年以上を要するローンであり、家を購入した目的が自分が居住するためでない限り、
住宅ローン控除の対象にはなりませんので要注意です。

 

いくらの住宅ローンを組んだかによっても、控除額も違ってきますので、その都度計算が必要です。
概ねその年に、住宅ローンを返済した金額の1%程度が、自分の所得の額から控除されます。

毎年申告が必要

ただし、税務署が毎年行う確定申告の時期に、住宅ローン控除についての申告をしなければ、税金の控除をしてもらうことはできません。

 

  • 住宅ローンの残高がどのくらい残っているかの証明書
  • 買った家の登記事項証明書
  • 不動産契約書を写したもの

などを、確定申告では届け出ることになります。

 

企業勤めをしている人の場合、今までは会社が必要な手続きをしてくれていましたので、確定申告をしたことがないという人もいます。
どうすれば確定申告ができるのはよくわからないという人は、まずは税務署で書類の作成方法を尋ねるというやり方もあります。

[賢く住宅ローン控除を受けるには]関連情報